2021年補助金情報③ 地域型住宅グリーン化事業

早速ですが令和3年度地域型住宅グリーン化事業の概要をお伝えします。

令和3年度地域型住宅グリーン化事業

本事業は、地域の木材関連事業者、建材流通事業者、中小住宅生産者等が連携体制(グループ)を構築し、グループ毎の住宅生産システムの共通ルールに基づき、省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅・木造建築物の整備及び木造住宅の省エネ改修及び、これと併せて行う三世代同居への対応等に対して支援を行うことにより
(1)グループによる住宅生産者へのサポート・育成等の取組をつうじた、地域における木造住宅生産体制の強化及び、省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅の供給拡大
(2)関連産業の多い、地域の木造住宅市場の振興による地域経済の活性化
(3)地域の住文化の継承及び街並みの整備
(4)地域の林業・木材関連事業者と住宅生産関連事業者との連携構築を通じた、木材需要の拡大
(5)住宅の省エネルギー化に向けた技術力の向上
(6)若者・子育て世帯の支援や、三世代同居など複数世帯の同居がしやすい環境づくり 等を目指すものです。

引用HP グリーン化事務局HP

 

ミスミハウスでもグループを構築しており支援を受ける事が可能です。

主な事業の要件を簡易的にお知らせします。

長寿命型 (長期優良住宅認定)太陽光発電なしで可 最大160万円

1戸あたり100万円

①地域材利用 20万円加算 もしくは

②三世代同居 30万円加算

③若者・子育て世帯への支援 30万円加算

100万円+①20万円もしくは②・③どちらか30万円 (①・②・③すべて併用不可)に加えて

④省エネ性能を強化した長期優良住宅への対応 1戸あたりの補助上限30万円引き上げ

 

ゼロ・エネルギー型 太陽光発電が必要 最大155万円

1戸あたり125万円に加え上記①~③の加算については同様です。

 

主な注意点

「土砂災害特別警戒区域」に掛かる地域での建設の場合補助対象外

・ZEH支援事業及びZEH+支援事業との併用不可

・グリーン住宅ポイント制度との併用不可

・すまい給付金との併用は可能

グループへの採択日は2021年6月10日予定です。

ミスミハウスへの採択数も4月30日現在不明となっておりますが例年数件程度は確保できております。

また決まり次第お知らせさせて頂きます。

すまい給付金と併用可能ですので仮に長寿命型最大160万円とすまい給付金最大50万円に該当する場合210万円補助金があるのはとても魅力的です。すまい給付金及び住宅ローン控除の期限は2021年9月30日までに工事請負契約の締結になります。

非常に魅力的な補助金ですのでお早めにお問合せください。

ミスミハウス問い合わせページ

詳細についてもお気軽にお問合せください。