囲炉裏

いろりを囲む生活

営業の里です。

先輩から、「おめー全然家に関すること書かねぇな~!!」

と、カミナリ風の突っ込みを受けましたので、

今日は家に関することを書いていきます。

 

昔から日本の家屋の中心には“囲炉裏”がありました。

昔といってもだいぶ昔ですよね。

今となっては古民家風の郷土料理を出すようなお店とか

民宿のような宿泊施設でしか見ることはないですね。

 

私の小さい頃にも祖父が“火鉢”を使ってました。

火鉢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが火鉢です。

こうやって火を囲んで暖をとりながら人が集う場所が

家の中に当たり前のようにあったんですね。

 

そこで、そこでです。

現代の囲炉裏はどうなってるかというと、

この度、パナソニックから“いろりダイニング”という

囲炉裏を囲むようなキッチンの新提案商品が発売になりました。

まずはこちらで動画をご覧下さい。

Panasonic”いろりダイニング”

 

いろりダイニング

かっこいいですね。

“火”じゃなくて、“IH”を囲むところが現代風です。

 

個人的な感想なんですが・・・あくまで個人的な・・・

こんな生活想像できない!!

 

 

毎日お鍋するような家庭なら良いかもですね。

でも普段はどうするんだろ?

キッチンとしての使い勝手とかが気になるところです。

 

その他にも、“マイホームリゾート”と“サロン ア・ラ・メゾン”という

お風呂と洗面ドレッシングの住空間提案もあります。

どちらもオシャレな感じで良いですね。

 

高級リゾートホテルのような感じです。

問題は価格なのですが・・・

また私自身体感できるような機会があれば、

ここでご報告したいと思います。

 

今後もこのような提案が増えそうですね。

問題は価・・・