中秋の名月

どうして昼と夜があるの?

営業の里です。

朝晩は少し肌寒くなってきましたね!

早速風邪を引きそうになりました。

みさなんもご自愛ください。

 

10月4日は中秋の名月です。

いわゆる「十五夜」ですね。

満月

十五夜に近づくにつれて、月も綺麗に見えています。

 

先日、夕方子供と散歩している時も綺麗な月が見えていました。

 

「月にうさぎが見える!」

不意に長男が言い出しました。

 

そうね、そうね、うさぎぎのように見えるよねー

そんな感性も持ち合わせるようになったか!

成長したなー^^)

 

5歳の息子の成長を感じていると、

「お父さんなぜ、昼があって、夜があるの?」

と聞いてきました。

 

おぉ!良い質問だね。

お父さん乗ってきちゃうよ!

家に帰って、懐中電灯とボールを持ち出して、

太陽の光がここからこうでしょ・・・

地球の暗いとこが夜で・・・

 

真剣に聞いてました!分かったかな~?

 

と思っていると・・・

「お父さん、昼の月はなんで白いの?」

 

 

 

592773

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうくるか・・・

 

「そ、空が・・・  青いからだよ・・・!」

うん、うん、おそらく伝わっていない・・・

分かるわけない・・・今の答えで・・・

 

「ごめん、お父さんグーグル先生に聞いて調べてくるね。」

 

質問に打ちのめされてしまいました。

完全敗北です。

 

子供に分かるように説明するのって、本当に難しいですよね。

自分のためにも、流行りの百科事典を買おうと決意した夜でした。

 

なぜ昼間の月が白いのか

https://n-kishou.com/gakuen/webschool/qa/detail/233